フィッシュアンドチップスが登場する作品。

『七つの時計』
「昔はトテナムコート界隈の、まあ貧民街に近い土地柄だったけどね。今じゃすっかり取り壊されたり、撤去されたりしている。フィッシュフライとポテト。相対的にむさくるしい感じ。まさにイーストエンドの縮図ってところだけど、芝居がはねたあとで寄るには、すごく便利なんだ。」

 

 あるようでなかなか見つからないのが、フィッシュアンドチップスが作中に出てくる作品です。私が知らないだけかもしれませんが、今のところ『七つの時計』しか見つけられませんでした。

 この作品は1929年発表のアガサ女史39才、前夫アーチボルト・クリスティーとの離婚後、翌年の作品です。バトル刑事シリーズの第2作目となります。

 

 

 

 

 フィッシュアンドチップスが、そもそものロンドン労働者階級の食べ物であった故か、美食家のポアロには向かない食品のように思えます。アガサ女史本人もいつも食していたように思えません。(私の主観です。)

 

 材料に使われたのは、もともと中米からヨーロッパに持ち込まれたジャガイモと、主に北海で獲られた白身の魚(タラ・ニシンなど)でした。

 

 

 

 まだ漁船の性能が低かったころ、鮮魚は多くのロンドン市民にはなじみのない食品だったようで、後に蒸気船とトロール漁法、さらには蒸気機関車が導入されるにつれて多くの市民にも食されるようになったようです。

 とはいうものの、階級社会のイギリスのこと、もっぱら筋肉労働にたずさわる、労働者階級に愛されたようです。それゆえ、魚の荷揚げに従事する港湾労働者が住まう、ロンドン・イーストエンドはスラム化しました。連続殺人鬼として名高い”切り裂きジャック”の暗躍したのも、このイーストエンドでした。

(上の地図、ロンドンという文字の右側が通称イーストエンドと呼ばれる地域です。)

神戸生涯学習市民講師の更新

 先日、2022年度の講師登録者名簿と登録書が送られてきました。

 


 早いもので、神戸市の生涯学習市民講師になって、4年目を迎えました。


3年目までは、講習の申し込みは皆無でしたが、知らない間に「教えてアガサセミ

ー」と銘打った怪しげな講座も、ポツポツと依頼が舞い込むようになりました。ホント

に有難いことです。今年度も頑張ろう。

 

 

 

 

教えて・アガサセミナー項目 は行

ポアロはそこで電報を読み上げた。
『タシカニフェルメール。ガスリー』
突然、ミス・ギルクリフトが、何かに弾かれたようにしゃべりだした。

ページ463

He held up the telegram and read.
“Definitely a Vermeer, Guthrie”
Suddenly, with electrifying effect,
Miss Gilchrist burst into speech  page 296

葬儀を終えて After the funeral より

 

作品 ”葬儀を終えて”は、1953年発表のポアロシリーズ第25作です。

事件は17世紀オランダの画家、フェルメールの作品が犯行の動機となりました。

今回は当時のフランドル地方に誕生した、画家と作品の背景についてです。

 

真珠の耳飾りの少女 オランダの画家 ヨハネス・フェルメール1665年あたり

フェルメールと言えば、やはりこの作品でしょうが、

 

    色々と調べてみると、不思議な絵画です。17世紀オランダに女性がターバンを巻く風習は無かったそうで、それはインドあたりの文化だったそうです。


 謎の答えは、当時オランダがおかれた歴史・環境にありました。長らくスペイン(ハプスブルグ家)に抑圧されたネーデルランド地方(現在のベルギー・オランダ)は、カトリックからの独立をかけ戦争をします。独立を勝ち取ったオランダと成しえなかったベルギーは、各々の道を歩みました。

 


 喜望峰を抜け航路を開拓したオランダは、西アジアから、やがてはるばる日本までやってきました。その途中、中東(現在のアフガニスタン)で得た、『青い鉱物・ラピズラズリ』が、インドの風習である少女のターバンを彩ることになりました。

 

 



 ちなみにスペインとの独立に活躍した火縄銃連盟が、レンブラントに依頼した絵画が名作『夜警』でした。


📚今回の参考書籍
名画で学ぶ経済の世界史 田中靖浩 マガジンハウス
これだけは知っておきたい岩石・鉱物図鑑 パイインターナショナル

 



 

教えてアガサ・セミナー項目 た行

彼は言えり。
「愛らしい顔のお方だ。神よ、みめぐみをたれたまえ、シャロットの姫に」

鏡は横にひび割れて 早川書房・445頁

“He said: “She has a lovely face; God in his mercy lend her grace, The lady of Shalott” 

THE MIRROR CRCKE'D FROM SIDE TO SIDE 351頁

f:id:Agathateachs:20220410171408j:plain

 

 アガサクリスティーの作品には、イギリス人らしくシェークスピアマザーグース

良く引用されます。時には私たち(私だけ?)には、なかなかンなじみのない作家や画

家も引用されその都度、新しい知識を得ることができます。

 上記の引用文は名作”鏡は横にひび割れて”の最後に、ミスマープルが口ずさんだ一文です。

 この詩はイギリスの詩人、アルフレッド・テニスン(1809~1892)がレディー・オブ・シャロットからです。

 

f:id:Agathateachs:20220410172235j:plain

 

そして上の絵画は、『シャロットの女』(シャロットのおんな、The Lady of Shalott)

イギリスの画家ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスによる1888年の絵画です。

第一回目のセミナー風景

f:id:Agathateachs:20220328125620j:plain


 早いもので、2019年の3月に始めた”教えてアガサセミナー”も、丸3年を迎えました。拙い内容に我慢してお付き合いしていただいている、皆様のおかげです。

 次回のセミナーの準備中に、第一回目の写真が出てきました。お世話をしていただいたNPO法人の事務員の方に撮っていただいた一枚です。

最初の会とあって、落ち着きのない表情が見て取れます。何を喋っていたのかなあ?

写真を撮っていただいたことも、とうに忘れていました。

 第15回目はこの初回と同じく、”オリエント急行の殺人”を、再度取り上げます。

3年を経て、内容が充実していればいいのですが、やはり不安です。

次回 教えてアガサセミナー、予告です。

 回も知らぬ間に重ねて、次回は第15回となります。

 ちょうど3年前にスタートしたこの読書会ですが、今から思えば初回”オリエント急行の殺人”の回の内容はそれはそれは稚拙極まりないものでした。

 この3年間で私なりに要領が少しわかってきましたので、改良版として、もう一度”オリエント急行の殺人”を、取り上げます。

 最近になって、この会にご参加される方は、私の読書会でアガサクリスティーの一番有名なこの作品をどう扱ったかは、ご存じありません。ちょうどいい機会ですので、再度お話させていただこうと、思います。

 

 

 2019年3月 第一回目の風景 壁に大きな紙を貼ってホワイトボード代わりに使用していました。

 

英国の食生活 その4

ニシンは処理によって名前が付いたものがあります。その名が「レッドヘリング」と言い、14世紀のブリテン島東部、グレート・ヤーマス(英: Great Yarmouth)で生産され始めたという史実が残っているようです。

 

f:id:Agathateachs:20220318192157j:plain

 

ニシンはよく洗って後、半月ほど塩に漬けられ燻製にされ、貴重な食糧と輸出商品となったわけです。

 

f:id:Agathateachs:20220318192253j:plain

 

アガサクリスティーの名作、“そして誰もいなくなった”では次のように使われています。

4人のインディアンが海に出かけた。1人が燻製のニシンに飲まれて3人になった。

Four little soldier boys going out to sea, A red herring swallowed one and then there were three.』No.6 p35~36

 

作中、7番目の犠牲者がこのマザーグースの歌詞になぞらえて殺されます。

 

レッドヘリング(赤いにしん)が、英語圏の諺として使われる場合は、匂いのきつい燻製ですから、真実から目をそらす・ごまかす、という意味で使われます。この言葉が犯人を特定する上でのヒントの一つとなっていました。

 

今回の参考資料 『魚で始まる世界史』越智敏之氏・著 平凡社新書

お世話になりました。